特徴の違い

会社銀行印イメージ

代表印を作成する際に一緒に作っておくと良い印鑑として、会社銀行印と角印というものがあります。
会社銀行印とは、会社が預金の出金や手形・小切手の発行などの銀行取引で使用するために銀行に届けておく印鑑のことです。

代表印と併用している会社もありますが、リスク管理の意味でもそれぞれ別の印鑑を準備しておくのが望ましいです。
角印は別名「社印」とも呼ばれている印鑑で、簡単に一言で言うと会社の認印ということになります。
角印の大きさには代表印のような規定はありませんが、一般に21mm角から24mm角が主流になっているようです。

刻印される文言は、会社名や商店名などの法人の商号です。
使用用途は各種契約書・請求書・領収書など多岐に亘ります。
角印は、それらの文書に会社が正式なものとして認めた証として押印する、最も使用頻度の高い印鑑です。
しかし、角印は登録された印鑑ではないので、押印した文書は公文書としては認められません。
銀行印の場合、使用目的や用途が明らかなので迷うことはありませんが、代表印と角印の使用に関してはどのように使い分けをしたらいいのか迷う方も少なくないようです。

明らかな特徴の違いは、印鑑登録をしているかしていないかということであり、印鑑登録をしている代表印は公文書として対外的に認められるものであるのに対して、登録のされていない角印は単なる認印にすぎないという点です。
代表印はそれ一つで重要な契約を締結してしまえるほど法的効力を持つ印鑑なので、公文書以外の日常的な文書は角印を使用するのが一般的です。

ページの先頭へ